(公財)九州運輸振興センター トップページお問い合わせ 日本財団 助成
会長からのご挨拶センターの概要主な事業内容及び業績賛助会員入会のご案内定款リンク集

九州うんゆジャーナル
九州運輸コロキアム
講演会
海事振興セミナー
企業経営基盤強化等セミナー
調査研究
調査研究報告会
受託事業一覧
懸賞論文募集
九州の運輸統計
事業報告書及び決算書
事業計画書及び予算書
お問い合わせフォーム
会長からのご挨拶


 (公財)九州運輸振興センターは、九州経済圏における交通及び観光の振興と近代化を図るための様々な事業活動を通じて地域経済の均衡ある発展に寄与し、あわせて民生の安定に資することを目的に、1981年2月に公益財団として設立され、2013年4月には、公益法人制度改革に基づき公益財団法人に移行しました。

 当センターは、国土交通省を始め日本財団、賛助会員並びに関係各位のご理解とご支援の下、公益財団法人の目的に沿って交通及び観光に関する調査研究事業、離島航路に対する施設整備事業、交通及び観光の振興と近代化に資する広報啓発等事業など、公益的かつ社会貢献的な事業活動に取り組んで参りました。
 交通及び観光業は、国民生活の安定・向上や我が国産業経済の発展に不可欠な極めて重要な産業ですが、社会情勢の変化等に伴い取巻く環境は刻々と変化しており、こうした変化等に対して官民ともに適切に対応していくことが求められております。近年の交通及び観光を取り巻く環境は大きく変化しており、大幅な人口減少・少子高齢化の急激な進展等の下で、地域公共交通の維持確保、円滑かつ効率的な物流の確保、交通バリアフリー化の推進、巨大地震等自然災害に備えた防災・減災対策など安全・安心の確保、また、外国人旅行者誘致促進等を図るための魅力ある観光地域づくりに向けた取り組み、国際競争力強化のための基盤整備等々への対応など多岐にわたる取り組みが強く求められております。九州におきましては、これまでも事業者自身はもとより官民が連携して、安定的で持続可能な交通及び観光の実現に向けて積極的な取り組みを行っておりますが、変わり続ける周辺環境への対応、そして、取り組みの一層の深度化に終わりはありません。

会長 竹島 和幸

 当センターでは、交通及び観光業へ関わる方々のこうした時代の変化に対応した様々な取り組みに寄与・貢献するため、最新の交通及び観光などに関するテーマを取り上げて討議・対話を行う「九州運輸コロキアム」、海事分野をテーマにした「海事振興セミナー」、物流等をテーマとした各種「講演会」の開催や、各県の交通及び観光に関する情報などを掲載した機関誌「九州うんゆジャーナル」の発行、行政・運輸関係団体等と連携した次世代海事人材育成に資する各種活動、バリアフリー研修などの交通及び観光等に関する各種広報啓発活動、懸賞論文の募集、さらには離島航路の経営支援と民生維持の向上に資するために冷凍コンテナ、バリアフリー対応型タラップの整備など幅広い活動に取り組んでおります。

 今後とも、関係者の方々と一層の連携をとりながらさらなる活動の充実を図り、交通及び観光業界や地域経済の活性化になお一層の貢献ができるよう努めて参ります。
 皆様には、当センターの活動に一層のご理解とご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


平成28年7月
公益財団法人 九州運輸振興センター
会長 竹島 和幸


このページのトップへ